うどんの富士菊

肉うどん、もちもち子うどんなどの製造販売。株式会社富士菊

HOME»  会社概要

会社概要

株式会社 富士菊   株式会社 富士菊
     
会社名 株式会社 富士菊
ショップ名 うどんの富士菊
創業者 代表取締役会長 小木戸 利幸 (H19年会長就任)
代表取締役社長 小木戸 幸正 (H19年社長就任)
創業 昭和26年5月
資本金 1,000万円
住所 〒828-0031 福岡県豊前市大字三毛門1087-1
電話番号 0979-83-3355
FAX番号 0979-83-3358
E-mail info@fujigiku.co.jp
運営責任者 小木戸 幸正
主な販売先 JA全農 / JA全農ふくれん / 三井食品(株) / 三菱商事(株) / 伊藤忠食品(株) / ヤクルト食品工業(株) / 郵便局カタログ販売センター/ (株)竹之下 / 西本貿易
主な仕入先 JA全農 / JA全農ふくれん / 三井食品 / 日本製粉(株) / 太陽製粉(株) / 鳥越製粉(株)/ 松原食品(株) / 西野物産(株) / 一番食品(株) / 林兼産業(株) /三菱フードテック(株)/ (株)巧芸社 / 凸版印刷(株) / 丸東産業(株) / 九州ケース(株) / ニッポー紙器(株) / 大石産業(株) / (株)蕎麦麺工房高尾 / サクラみそ
主な設備 包装麺製造設備  日産 52,000食
半生麺製造設備  日産 20,000食
乾麺        日産 2,500kg(小麦粉)
営業時間 8:00~17:00
定休日 土日祝

 

アクセスマップ

 

主な開発歴

【昭和44年】
富士菊式半生麺自動折畳み包装機発明
【昭和45年】
富士菊式自動ミキサー発明(日本初)
【昭和46年】
富士菊式生麺自動ゆで上機発明(日本初の完全自動化完成)
【昭和49年】
合成殺菌料を使用しない保存法を発明
【昭和50年】
巾着包装機を発明
【昭和57年】 
ゆでスパゲッティーの新製法を開発
【昭和59年】
多加水連続製麺法を開発
【平成5年】
半生麺の自動除湿乾燥機開発
【平成14年】
九州産100%の小麦粉使用の手打式うどん開発

 

主な受賞歴

【昭和49年】
福岡県発明考案審査会より特賞を受賞 ゆで麺自動化一連の発明
【昭和56年】
同審査会より優秀賞を受賞 合成殺菌料を使用しない保存法の開発
【昭和60年】
同審査会より特賞を受賞 包装機の開発
【平成4年】
豊前市教育文化功労賞受賞
【平成5年】
福岡県発明考案審査会より優良賞受賞 半生麺の自動除湿乾燥機の発明

 

工業所有権獲得数

特許権    23件    実用新案件 12件  商標権 6件
意匠権      2件    海外特許権   6件